クライアントとバイヤー。その違いは何か?| アトミックブログ
4月 22, 2021
ビジネスの成長
8 数}分読む

クライアントとバイヤー。その違いは何か?

あなたのビジネスにおいて、クライアントとバイヤーの違いを探ってみましょう。

Vaida Lek
マーケティング, アトミック
一般的に、「クライアント」と「バイヤー」という言葉は、一緒に使われたり、同義語のように表示されたりすることが多いです。しかし、この2つの言葉の意味や、企業とクライアントやバイヤーとの関係を考えてみると、両者の間には明確な違いがあることがわかります。アトラスミックでは、クライアントを持つこととバイヤーを持つことの違いやニュアンスをご紹介したいと思います。さあ、始めましょう。

クライアントとバイヤーはどう違うのでしょうか?

クライアントとバイヤーの違いを判断するには、重要な特徴を3つのグループに分けるのが一番です。あなたの製品・サービスを購入する人や企業のある特徴を定義することで、その人がクライアントなのかバイヤーなのかを理解することができます。その3つのグループの特徴とは
  1. リターンビジネス
    .バイヤーとは、あなたのお店(またはオンラインショップ)に足を運び、一度限りの購入を約束し、二度と戻ってこないかもしれない人のことです。クライアントとは、一度限りの取引のためだけに存在するのではない人のことです。彼らは通常、長期的な購入者であり、再来のビジネスを提供します。一般的に、企業は買い手よりも顧客を持ちたい(あるいは買い手を顧客にしたい)と考えるものです。
  2. ニーズ
    .バイヤーは通常、最高の価格や良い取引を求めています。クライアントは、安定したプロフェッショナルなサービスや高品質な製品を求めていますが、それは今だけではなく、おそらく当面の間、そして将来にわたっても同じです。クライアントは、バイヤーよりも高い要求を持っていることが多いのです。
  3. コミュニケーションレベルと依存度
    ビジネスはクライアントとバイヤーの両方に依存しています。しかし、先に述べたように、ビジネスのリターンの見込みや長期的なパートナーシップのチャンスがあるため、クライアントはビジネスとより強い関係を持ち、その気分や行動によって、ビジネスの方針を変えたり、ある戦略を撤回させたりすることができ、その逆も可能です。
簡潔にまとめると、クライアントにラベルを付けることができます。
リピーターや長期購入者として
ビジネスに対する要求が高く、より具体的なニーズがある方。
オンラインストア(通常は小売店)は、もちろん購入者がいるだけで生活することができます。しかし、このようなビジネスモデルでは、できるだけ安定した収益を得るために、広告やマーケティングへの投資が必要になります。自立した小売ビジネスを構築するためには、1回限りの取引をリピーターに変えることが重要です。卸売りやB2Bの経済について言えば、1回限りの購入者は常に中程度の優先順位に過ぎません。すべての卸売業者はリピートビジネスを好み、将来のビジネスを確保するために契約を結ぶことさえある。

より多くの顧客を獲得するために努力すべきか、それともバイヤーを獲得するために努力すべきか。

バイヤーを第一優先にすべき時

良い質問ですが、答えるのが難しい質問です。一般的に言えば、お客様がいたほうがいいと思います。なぜなら、お客様のビジネスの一部を自分が獲得できることが保証されているからです。しかし、地域によっては、購入者を顧客にすることが本当に難しく、時間がかかり、費用がかかり、あるいはほとんど不可能な場合もあります。
例えば、ニッチなドロップシッピングストアや、特定の一品のみを販売するストアを例に挙げてみましょう。例えば、ユニークな形の枕などです。気に入った人は、家族のためにもう何個か買ったり、同僚や友人にプレゼントしたりするために戻ってきます。
しかし実際には、売り手は自分が売っている商品やサービスを見て、ほとんどの商品には、人(買い手)が買える量の上限や限界があることを理解する必要があります。枕の例で言えば、たとえその商品をとても気に入ってくれたとしても、2〜3個が限度で、ごくまれにそれ以上買ってくれることもあります。しかし、この枕を使い切った後に、また同じ枕を買いに来ることはないでしょう。新しい、より良いものを求めているはずです。
このようなニッチな分野でリピーターを増やそうとすると、高価なマーケティングを行ってもほとんど効果がありません。そのため、ドロップシッピングストア、正確には一品販売のストアの場合は、できるだけ多くの一回限りの購入者を獲得することが主な目標となります。リピートビジネスやロイヤルティプログラムに投資するよりも、フラッシュディールなどの衝動買いを狙った商品に注力しましょう。

クライアントがより望ましい選択肢である場合

B2Bの分野で商品やサービスを提供する場合、顧客は常により良い状態にあります。定期購入や消耗品を提供するビジネスでは、より多くの顧客を獲得することが常に目標となります。洋服は、流行り廃りがあるので、消耗品と呼ばれることもあります。
そのため、コレクションやブランド、技術に投資していたり、研究開発部門を持っていたり、製品やサービスを継続的にアップグレードしていたりする場合は、より多くの顧客を惹きつけるための方法を検討する必要があります。
バイヤーは常にありがたい存在ですが、彼らがもたらす金銭的な利益は不定期で、時間とともに変動します。どんなビジネスでも、安定した収入を得て、先を見越した計画を立てたいものです。バイヤーが主な収入源である場合とは異なり、顧客がいる場合はそれが容易になります。

より多くのバイヤーやクライアントを惹きつけるには?

買い手や顧客について語るなら、彼らを惹きつける最良の方法についても取り上げるべきだと思いませんか?実際のところ、マーケティングの目的は、新規顧客の獲得と既存顧客の維持にあります。
バイヤーの離脱率を下げるためには、彼らのニーズや要求に応えられなければなりません。紙面上ではとても基本的で簡単なことのように聞こえますが、あらゆる状況において非常に多くの変数があるため、実際にはかなり難しいことです。
私たちが最初にお勧めしたいのは
  • バイヤーやクライアントの声を聞く
  • 高品質なサポートとサービスの提供
  • あらゆる面でバイヤー・エクスペリエンスを向上させる
  • システムとユーザーインターフェースの近代化
下の図を見ていただければ、改善すべき点がもう一つあることがお分かりいただけると思います。を導入することをお勧めします。 アトミック あなたのお店やビジネスに、サポートスタッフがより良い仕事をするために、オンラインの

買い手を増やすには?

より多くのバイヤーを獲得するには、優れたマーケティング/広告戦略を選択し、優れたコストパフォーマンスを提供することが重要です。
ブランドの威信や評判、独占的な商品やサービスを提供していれば、適切な広告戦略で買い手を獲得することができます。小売業の方は、こちらのブログもご覧ください。 8つのベストリテールマーケティング戦略.その記事では、自分のビジネスに合ったものを見つけ、それをどのように販売するかについて説明しています。
良い広告戦略を選ぶ際に役立つ情報の最も重要な部分は、あなたの潜在的な買い手と観客の知識です。彼らの特性や好きなものを知ることによって、あなたは彼らの注意を引き付けるためにテーラー広告やプログラムすることができます。
より持続的な成果を求めるのであれば、バイヤーにとってより流暢な体験を生み出すのに役立ついくつかのポイントと、なぜバイヤーサービスが重要なのかをご紹介します。

クライアントを増やすには?

顧客について言えば、最も重要なことは、顧客に重要性を感じてもらい、話を聞いてもらうことです。お客様のニーズに合わせてサービスを提供すれば(時とともに変化することを念頭に置いてください)、間違いなく素晴らしい評判を維持することができ、口コミによって市場全体にあなたのビジネスを宣伝することができるでしょう。
小売業では、ビジネスは常に目先の利益を追い求め、リターンビジネスの本質を忘れています。もしあなたが小売業者であれば、次のグラフを見て目を覚ますことができるでしょう。
ショックですよね?この調査によると、小売店のバイヤーのうち、不満や提案を言ったときに、話を聞いてもらえたと感じている人はわずか8%しかいないそうです。これでは、小売業全体の印象が良くありません。この状況を変えるための最善の方法は、お客様をより多くのことに巻き込むようにすることです。例えば、ロイヤリティプログラムや、長期的にお付き合いのあるお客様のためのVIPクラブを作り、限定的なアクセスや特典を提供するなどです。
さらに、購入者支援ソリューションを見て、それが自分のビジネスニーズに合っているかどうかを熟考することもぜひ必要です。Atlasmicは、ダイナミックに変化し続ける現代のビジネス環境に合わせて作られているので、より良いソリューションかもしれません。
一般的に、より多くの顧客を獲得したいのであれば、組織全体を見直すことをお勧めします。サービスやバイヤーエクスペリエンスの分野で弱点を見つけ、それを1つずつ解消していきましょう。そうすれば、リピーターが増えることは間違いありません。

概要

ここまで説明してきたように、顧客とはまさにリピーターのことです。顧客は、より多くのニーズと高い要求を持っていますが、その代わりに忠誠心を提供し、より安定した収益源となります。しかし、ほとんどのドロップシッパーはリピーターを獲得することができません。だからこそ、彼らの関心は衝動買いを獲得することにのみ向けられるべきなのです。この記事が皆様のお役に立ち、皆様のビジネスの目標達成に役立つことを心より願っております。
あなたのビジネスの成長のために
7月 13, 2021
マーケティング
9 数}分読む
効率的な顧客分析のための究極のガイド
お客様をより深く理解し、ビジネスを成長させる方法をご紹介します。
Ben Bitvinskas
アトミック共同創業者
6月 30, 2021
カスタマーサポート
10 数}分読む
ミスコミュニケーションを防ぐには?
スタートが悪かった会話を構築するためのヒントやコツを学びます。
Ben Bitvinskas
アトミック共同創業者
セールス・アクセラレーション・プラットフォーム著作権 © 2021 Atlasmic.com